出湯接骨院

〒517-0404
三重県志摩市浜島町浜島3156-2
電話・FAX : 0599-53-0668
Press enter to begin your search

院長ブログ

けんこう枕って本当に良いの?~志摩市浜島町出湯接骨院では、腰痛・首痛・膝痛・などの改善に全力で取り組みます!

当院では腰痛、首痛、肩こりやそれに伴う偏頭痛でお悩みの方に、「けんこう枕」をご紹介させて頂いています。 当初、値段的にも決して安くない(32400円)ので、院内の施術時に使うつもりで購入し、来院された方に使ってもらっていました。すると、その枕に寝た方から、「この枕は買えないの?」との声を頂き、取り寄せることにしました。取り扱いを始めてから3ヵ月ほどの間に15人ほどの方に購入し使っていただいています。 使っていただいている方々からは、「朝、起床時の腰痛が楽!」「偏頭痛が無くなった!」「肩こりが楽!」という声や「これなら高くない!」「買って良かった!」という声を頂いています。 なかなか、物販というのは得意ではないのですが、売るというより「こんな良いものがあるよ!」と教えてあげるつもりで紹介しています。 先日メーカーからのメールで、この「けんこう枕」が薬学と医学という医学雑誌に取り上げられて、科学的にも循環の改善や筋緊張の緩和効果が検証されたとの事です。 現在、当院では「けんこう枕」ご購入の方にもれなく枕カバーと当院特別施療割引券(1500円で施術が受けられます)をプレゼントしています。何より、体の痛みでお悩みの方は、是非一度当院で「けんこう枕」を体験(無料)してみてください。...

伊勢志摩・里海トライアスロン2018~志摩市浜島町の出湯接骨院はアスリートのサポートを致します。

今年も伊勢志摩里海トライアスロン大会が地元浜島で開催されます。過酷なレースに参加される選手の皆様、くれぐれも体調管理には気を付けて、ケガなどないようにしてくださいね。志摩には美味しいものがいっぱいです。美味しいからと前日に食べ過ぎたり、飲み過ぎたりしないように気を付けて下さいね。 当院も前日の土曜日、当日の日曜日、完全予約制にて施術を行っています。大会前後のコンディショニングに!テーピングがして欲しいという方も!又、万一のケガの場合は可能な限り対応致しますので、お電話下さい。 トライアスロンというと、泳いで、自転車に乗って、走って、と自分にはどう考えても出来ない競技です。よくあんな辛いことを参加費を払ってでもやりたいのかと思ってしまいます。参加費分くれても無理だな~。でも、開院して24年の間にいろいろなスポーツをする競技者の方々の体を診せて頂いて来ていますので微力ながら皆様のお役に立てる事もあるかと思います。どうぞお気軽に! 私が子供の頃の浜島町は漁業と観光の町として活気のある町でした。しかし、今では過疎化が進み、少子高齢化の寂しい町になってしまいました。どうか選手の皆さん、皆さんの元気で浜島を活気付けて下さい! 最後に、皆様の健闘と浜島の発展を心からお祈りいたします。  ...

脚のシビレ~三重県志摩市浜島町の出湯接骨院

脚がしびれるというと、まず疑うのは、脊椎管狭窄症、ヘルニア、分離すべり症、変形性脊椎症などですが、例えば手術をして神経への圧迫が無くなったはずなのに症状が残っている人もいるのはなぜなのでしょう? トリガーポイント療法のテキストには臀部の筋肉の緊張が足の痺れの原因になると記されています。解剖学的に腰椎から出た神経は骨盤の中を通りお尻のところで脚の後ろに向かって出てきます。そして、その時お尻の筋肉の隙間を通る訳ですから、そこで筋肉が緊張していて硬くなっていると神経が圧迫されて脚の痺れが出てくるという事です。 実際、大殿筋、中殿筋、小殿筋、梨状筋、内閉鎖筋、大腿方形筋などを緩めて行くとシビレが改善されることも珍しくありません。 例えMRIなどで明らかに神経への圧迫があっても、慌てて手術を受ける前に、一度臀部の筋肉を自分でマッサージしてみて下さい。公式のテニスボールなどを使って1~2分やってみると意外に楽になるかも知れません。  ...

休日診療(施療)志摩市浜島町の出湯接骨院

先日、日曜日に観光で志摩市に訪れていた方から電話を頂き、「1歳の子供の肘が抜けたみたいなんですが診て頂けませんか?」と。休日という事で志摩市の至る所に電話をしたようで、宿泊していたホテルから車で20分かけて来院されました。泣きじゃくる幼い女の子。整復(外れた骨を元に戻すこと)すると、笑顔に戻り両親も安堵の様子。「本当にありがとうございました!助かりました!」と喜んで頂き、こちらが返って恐縮してしまうほどでした。 子供の肘が抜けるこの状態は肘内障と言います。腕の親指側の橈骨という骨が指先方向にずれて骨を支えている輪状靭帯から抜けかけた状態になり、そうなると腕をブランと下げて手を内側に向けて痛みで動かせなくなってしまいます。よくお母さんが人混みで子供の手を引っ張った時などになりますが、時々転倒した時にもこの状態になってしまう事もあります。 当院は住まいが2階ですので、外出していなければ休日・深夜でも可能な限り急患を受け付けています。志摩は観光地という事もあって時々、「肩が脱臼した。」「顎が外れた。」「足首を捻った。」という急患が来たりします。当院は接骨院ですので当然レントゲン検査は出来ませんが、超音波画像装置である程度の判断は可能ですし、(常に最悪の状態を想定して)応急処置をすることは可能です。出来ない事は出来ないとはっきり言わせて頂きますので、休日、深夜でもお気軽にお問合せ下さい。 急患を診る時、整形外科病院で勤務していた経験が非常に役立っていると感じます。これからもお世話になった病院の院長の、「どれだけ難しい事が出来るかよりも、自分の出来る事と出来ない事のラインをしっかり持って判断することが大事だ。」との教えを守って、微力ながら一人でも多くの方の役に立てるように努力を重ねて行きたいと思います。 これからも、どうぞ宜しくお願い致します。 ...

胸鎖乳突筋のトリガーポイント~首の痛み、肩こり、頭痛、めまいの原因?三重県志摩市の出湯接骨院

《胸鎖乳突筋》 この筋肉に硬さが有ると、その部分だけではなく、肩凝り、頭痛やめまいの原因にもなるとトリガーポイントのテキストに記されています。 硬くなる原因としては過去の損傷が多く、例えば交通事故やスポーツ、転倒などが挙げられます。 確かに胸鎖乳突筋に硬結や圧痛がある患者さんに聞くとムチウチ症になった事があると言う方が多くみえます。 もし、頭痛やめまいがあり過去に損傷した事がある方は、自分で触って硬くなって痛みのある部分がないか確かめてみて下さい。もし、あったらこれが原因になっているかも知れません。一度、図のように自分でマッサージをしてみて下さい。 一度のマッサージで症状が改善する事もあります。 実際、ウチにみえた患者さんも過去に交通事故で首を痛めた事があり、首~肩が痛いと訴えていました。確かめてみると胸鎖乳突筋に圧痛があり硬くなっていました。そこを優しくゆっくりマッサージ・・・すると症状が軽減しました。 このように、症状と原因は必ずしも一致するものではなく、よく火災と火災報知器に例えられます。警報音のする場所(痛みのある場所)に水を幾らかけても火災は収まりません。火元(痛みの原因部位)に水をかけなければ火を消すことは出来ないという事です。 ここで紹介したのはほんの一例です。同じように首や肩の痛みの原因になる筋肉はほかにもありますし、腰や膝の痛みも同様です。 当院では、筋膜の繋がりを考えて全身的に身体を診て施術を行っています。これは保険適用外となり、時間もかかりますので、土日祝日を特別施療の日として、完全予約制で行っています。 痛みでお悩みの方は出湯接骨院の特別施療(土日祝、完全予約制)へどうぞ! ...

カウンターストレイン~肩こり・腰痛・膝痛の治療、志摩市浜島町の出湯接骨院

カウンターストレインという言葉を聞いた事があるでしょうか?日本語では「逆緊張」と何だか解り難い言葉に訳されています。これは、アメリカのオステオパシー医学という分野の治療テクニックの一つで、数年前に病院勤務時代の先輩に教えてもらい、筋肉の緊張が強い患者さんに時々使っていました。 ストレッチの場合、硬い筋肉を伸ばして腱紡錘という器官に働きかけて筋肉の緊張を和らげるという考え方ですが、カウンターストレインでは、筋肉が最も緩む位置でリラックス(90~120秒)することで筋肉の異常緊張を和らげようという考え方です。 実は今日偶々、違う治療テクニックの動画の中でカウンターストレインという言葉を聞いて、「そういえば!」と思い出し本を取り出して、背部と臀部のテクニックを見直していました。すると、不思議なもので午後から丁度そのテクニックの適応となるような患者さんが揃って来院。二人共、「えっ⁈ 痛くないかも・・・。」と。これは又、復習しなければと思いました。特に筋肉の緊張からくる痛みには効果的なテクニックです。(図は梨状筋へのアプローチ) 痛みでお困りの方は、是非一度来院下さい! ...

筋トレをすれば痛みが改善する?~筋トレ指導致します!志摩市浜島町の出湯接骨院

昨日の夜、仕事終わりに朝の筋トレの準備の為、先日買ったばかりのインクラインベンチとダンベルを準備した。 今朝、そのことをすっかり忘れていて、ビックリ!自分に苦笑い。そんな今朝は53歳の誕生日の始まりでした。 このインクラインベンチ、どうってことない仕掛け(?)で、角度が付けられるベンチなわけですが、ちょっとの角度の違いで、同じ動作でも筋肉の違う部分に負荷が掛けられるので、筋肉も大喜びです。 しかし、この筋トレというやつ。よく、病院のリハビリで(私自身も整形外科で勤務していました)「筋力が衰えているので、負担が大きくなって痛みの原因になってしまっています。筋肉を鍛えて行きましょう!」と言われたりするのではないでしょうか?これって本当に正しいのでしょうか? 私の考えでは半分正しくて半分間違いだと思っています。理屈はあっていますが、順序が違うと考えています。それは痛みの原因が本当に筋力低下によるものなのか?という事です。痛みの原因の多くは筋肉内にあるトリガーポイントにある場合、それを残したままで筋トレやストレッチを行ってもなかなか効果が出ません。まずは、トリガーポイントを治療して、それから運動をするべきです。 運動を行う事は確かに健康の維持増進には有効ですが、やり方を間違えてしまうと、効果が出ないばかりか、逆に痛みの原因を作ってしまう事にもなりかねません。 例えば私が好んで取り組んでいるダンベルでのトレーニングも正しいフォームやプログラムで行う事で、その効果も出ます。又、安全に行う事が出来ます。 もし、この投稿をご覧になってダンベルトレーニングに興味のある方がみえましたら、お気軽にお知らせ下さい! ちなみに、出湯接骨院で毎朝午前5時30分から筋トレをしていますので、興味のある方参加したい方はどうぞ! ...

骨盤と肩甲骨の関連~三重県志摩市浜島町の出湯接骨院ではトリガーポイントへの施術を取り入れています。

棘下筋(肩甲骨に付着している筋肉)のトリガーポイントは上肢への関連痛を生む事は良く知られています。 しかし、先日来院した患者さんは、棘下筋のトリガーポイントにアプローチした次の朝、中臀筋(骨盤に付着している筋肉)の痛みと緊張が和らいだとの事。 確かに、肩甲骨と骨盤の関連性を感じます。今回の例とは逆に骨盤周囲の筋肉にアプローチすると肩甲骨周囲の筋肉の緊張が取れたりという事も珍しくありません。 筋膜の繋がりによって、このような事が起きて来るのでしょう。 肩が痛いから肩、腰が痛いから腰、というのではなく、身体を全体的に観て施術する事の重要性を改めて実感しました。 患者さんの体(筋肉)に触れ、「なるほど~、この筋肉はここと繋がっているんだな。」と人間の体は不思議なものだと筋膜の繋がりを意識するようになって感じる日々です。 出湯接骨院では土日祝日の特別施療の時間にトリガーポイントや筋膜の繋がりという考え方を取り入れ、筋肉や関節の痛みに全身的にアプローチする施術を行っています。今までこのような施術を受けた事の無い方は是非一度、ご予約お待ちしております!慢性化した腰痛、肩こり、膝の痛み、などでお悩みの方にはお勧めします。 詳しくは当院ホームページをご覧下さい! ...

水分補給~志摩市浜島町の出湯接骨院はスポーツでの痛みも得意分野です!

先日、参加した研修会でスポーツ栄養学についての講義がありました。 まず、試合前日に糖質と脂肪のどちらを摂取した方がパワーが発揮できるか?というお話でした。昔は試合の前日は力を付けて試合に「勝つ」様にとカツ丼だとかが定番でしたが、それは大きな間違いで、糖質をたっぷりと摂った方がパワーが発揮出来るとの事。ご飯や麺類を摂るのが良いのでしょう。 そして、試合前、中、後、の水分補給について。 市販されているスポーツドリンクはどれも大差が無いように思いますが、ブドウ糖を使っているもの(ポカリスエットなど)と果糖(エネルゲンなど)を使っているものがあり、それぞれに特性がある。ブドウ糖を試合前に摂取すると急激に血糖値が上昇し、その後インスリンの働きで低血糖を引き起こしてしまうので、低血糖を引き起こさない果糖を使用したものが良いとの事。 又、試合中のスタミナ切れを防ぐ為に、脂肪の分解を阻害しない果糖を使ったものが良い。 試合後の疲労回復にはブドウ糖、クエン酸を含む飲料が良い。 つまり、試合前、試合中は果糖(エネルゲンなど)試合後はブドウ糖(ポカリスエットなど)が良いらしい。 昔、大塚製薬の方のお話を聞いた事がありますが、その時はとにかく水分補給にはポカリスエットが良いという感じでした。エネルゲンも大塚製薬の製品なので、この使い分けを教えてくれたら良いのにと思いました。 そろそろ春がやって来ます。スポーツを安全に、又最高のパフォーマンスを発揮出来るように、このスポーツドリンクの豆知識を知っておくと良いかと思います。 三重県志摩市浜島町の出湯接骨院は、安全にスポーツが出来るように、又万一ケガをしてしまった場合の応急処置やテーピング法などの講習会も行っていますので、ご希望の団体やチームがありましたらお気軽にお問合せ下さい。 私、この頃日課にしていた筋トレ(主にダンベルトレーニング)をさぼっていて、反省して再開。やっぱり体調が良い感じです。ダンベルでのトレーニングに興味のある方、一緒にトレーニングしませんか?毎朝5時30分開始です!...

浜島ふれあい綱引大会2018~腰痛・肩こり・膝痛治療の出湯接骨院のある志摩市浜島町で綱引大会がありました。

 昨日2月18日(日)、浜島B&G海洋センターにて、浜島ふれあい綱引大会2018が開催されました。 私は浜島トレーニングチームの一員として、又何故か大会実行委員長という大役を仰せつかり、審判やら雑用をこなしながら参加。今日はお陰で全身筋肉痛です。でも、参加してくれた方々から、「楽しかった!」「また来年も!」という声を聞くと、そんな痛みも疲れも忘れてしまいます。  元々、この大会は伊勢で行われていた綱引大会が無くなり、その大会に参加していた人達が「是非、浜島で綱引大会をやって欲しい!」と言い始め、なぜか私に「やろう!」「やってくれ!」と・・・。それで4年前に始まったものです。当初は青少年育成市民会議主催でしたが、2年目から浜島スポーツクラブ主催、青少年育成市民会議と志摩市共催という形になっています。  綱引競技は大人から子供まで安全に楽しめ、仲間と力を合わせて行うもので、又諦めない強い心を育むのにも良い競技だと思います。  私の所属するチームは殆どが50代のおじさんチームで、年々心身共にスタミナが低下してきているように感じます。 優勝目指しての参加でしたが、悔し涙を飲みました。大会後は皆で酒を飲み交わし(これが楽しみだったりするのですが)来年の奇跡の復活を誓いあいました。  この大会がこれかも続いて行ってくれることを願っています。私も微力ながら協力して行きたいと思います。 来年、もし参加してみたいという方がいましたら、私に連絡を下さい! (ちなみにこの写真で審判をしているのが私です。) ...